2005年04月15日

外壁の『ひび割れ』

hibiware.JPG

家 この写真は外壁の『ひび割れ』です。
かなり大きく『ひび割れ』をしています。
水も内部に入ってしまいますね。。。

この写真は「モルタル」で出来ている「スタッコ(模様の名前です)仕上げ」です。

「モルタル」は収縮率が大きい為、築年数が経つと『ひび』が入り易くなります。
収縮率が大きいと言うのは「モルタル」の成分による為です。

何故『ひび割れ』をするのかと言いますと、原因は色々です。
この写真の外壁の『ひび割れ』は、築年数の経過によるものだと思われます。

塗り替えをもっと早く行えば、『びび割れ』が出来なかったかと言いますと、違います!

しかし、この写真のように『ひび割れ』が大きくなる前に、外壁に合った塗料での塗り替えをお奨めします。


『ひび割れ』の処理をしっかりと行ってから、塗装作業を行います。
この『ひび割れ』の処理をいい加減に行いますと、塗り替えの仕上がりが綺麗では無かったり、すぐに同じ所に『ひび割れ』が出来ます。

塗り替えを施工してから2〜3年位で新たな『ひび割れ』が出来る事もありますが、ごくまれです。

塗り替えを施工してから新たな『ひび割れ』が出来たからと言って、塗装職人さんが手を抜いたと恨まないで下さい!!

まれな出来事は、お家の設計上の問題と地震が大きな原因です。
が、他にも色々な原因がありますが、想像出来ないような原因もあります。

台風や突風で何かが知らない間に飛んできた。
大型車の交通量の多い道路の近くのお家(地震と同じです)。
お家の近くで大型建設現場作業が行われた・・・この場合は作業前の写真を撮り、作業後に『ひび割れ』などが起こったら、建設会社で保障されます。
などなどです。

小さな『ひび割れ』だからと放置をすると、可哀想なお家になります。

前回書きました「チョーキング現象」と同じく、小さな『ひび割れ』を見つけたら、外壁の塗り替えをお考え下さいまし。

即、塗り替えとは考えずに、信頼のおける塗装職人さんに御相談をして下さい。


posted by 塗装職人の女房 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。