2005年06月16日

外壁塗装の上塗りで。。。続き

家 先日書きました続きです。

中塗り(1回目塗り)と上塗り(2回目塗り)の境目が解らなくなる時がある私ですが、夫は解りますと書きました。

何故、夫は解るのでしょう?!

改めて夫に聞いてみました。

『色の深み』と『微妙な艶』の違いで解るようです。

塗装職人歴29年目の夫には『微妙さ』が解るらしいです。

長年塗装職人さんをしていれば解るのかと言うと、違うようです。

解らない職人さんは何年経っても解らないらしいです。

夫なりに研究・追求しているようです。

私も解る職人になりたいです!!

『微妙』な塗り残し部分は、当然『塗膜形成』がきちんと出来ていません。

『塗膜形成』がきちんと出来ていない可哀想なお家は、「何の為に塗装工事をしたのでしょうか?!」との疑問が残ります。

外壁(屋根・鉄部・木部・塀など全て)塗装は『外壁(など全て)の色を綺麗にするだけ』では無いです。

何度か書きましたが『塗膜:とまく』をしっかり形成しないと、大切なお家は守れません。

ひらめき 『塗装工事はお家を守る』作業なのです。


posted by 塗装職人の女房 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。