2005年10月13日

『水性塗料』って水に弱そうな名前?!

家 9月30日に書きました、塗料の種類続きです。


『水性塗料』なのですが、雨が降っても大丈夫なの?
水に弱そうな名前だけど塗装の施工後には、可哀想なお家にならないの?
と、思いませんか?

「水性ペン」は水分で滲みますよね。
水性って聞くと、水性絵の具を思い出しますので、水に弱そうだなぁ〜って私は感じました。


ひらめき 大丈夫なのです。

『水性塗料』は、水に反応して樹脂の分子が結合して乾燥が始まります。

そして、完全に水分が蒸発して乾燥してしまうと、「樹脂が塗膜を形成」して強固になります。

きちんと乾燥させ、「樹脂の塗膜が形成」されると、雨などでは溶ける事がありません。


現在『水性塗料』は、色々な用途に合ったタイプが開発されています。

その被塗物に合ったタイプを使えば、どこにでも塗装は可能です。

以前は「錆止め」と言うと、「鉛」が入っている塗料でした。
 (夫は「鉛」の入っている塗料は使いたく無いと言います。)
「錆止め」は、トタン屋根や鉄部に塗装をします。
『水性塗料』の「錆止め」も使ってみましたが、思ったよりも良かったと夫が言っていました・・・詳細は夫にバトンタッチです。
現在、夫の使用している「錆止め」は、「エポキシ樹脂系の塗料」ですexclamation


「エポキシ樹脂系の塗料」の話しを今迄書いた事が無いと気がつきました。
忘れていました・・・次回詳しく書きます!



『水性塗料』の良い点です。

1.水で希釈をしますので、臭いがありません(完璧無臭では無いですが。。。)

2.水で希釈をしますので、環境に優しい塗料です。


『水性塗料』を使用した時に、「中塗り」で乾燥時間をきちんとしないで
上塗り」をしてしまうと、「樹脂が塗膜を形成」出来ません。

塗膜」がきちんと形成出来ていない・・・可哀想なお家になってしまいます!!


本日は第3回の「クリック&モルタル経営革新塾」です。
少しでもお利口さんになれるように加藤講師に教えて頂きます♪


posted by 塗装職人の女房 at 12:08| Comment(8) | TrackBack(2) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。