2008年02月02日

鉄製雨戸の錆止め塗装・・私が施工!

家 雨戸の塗装も行います。

外壁を塗り替えて綺麗になっても、雨戸が色褪せていたら可哀想なお家になりかねません。。。

今回は鉄製の雨戸ですので、赤色の錆止めを下塗りしました。

雨戸もしっかり下処理をしませんと、剥がれの原因になります。


久しぶりの刷毛塗りで雨戸を塗った私です。

以前にも書きましたが、夫から教えてもらった事を守って塗りました。。。
当然の事なのですが。

『 刷毛塗りは、塗料をこすり付けるのでは無くて、塗るんだよ! 』

刷毛で塗料を塗る時は、とかく刷毛を力で塗布物に押し付けて塗ってしまいがちです。

これは、塗っているのでは無く、こすり付けているのです。

何故、力で押し付けてしまうかと言いますと、塗料と塗布物の摩擦で
軽く塗ることが難しいと感じる新人塗装職人が多いそうです。

塗料を刷毛に沢山つけると、摩擦が少なくなって塗り易くなりますが、
均一に塗れない・厚塗りになる・塗料がポタポタ垂れて汚す・・などなどの
悪原因になります。

かく言う私も押し付けていました。。。涙

しかし、感覚が分からないので、私が刷毛塗装とローラー塗装を
習った当初は、夫に私の手を持って塗ってもらいました。

感覚を教えて欲しかったのです。

こうして夫に教えてもらい、塗料を塗ると塗料を刷毛で押し付けるの違いが分かりました。

鉄製雨戸に錆止めの下塗り

今回は、チェックをしてくれた夫に 「 上手く塗れているよ! 」 と言われて
嬉しかった私なのでした。

鉄製の雨戸は頑丈ですが、優しく愛情を込めて塗らないと可哀想なお家になります!



アート しかし、久々の刷毛塗りをして、普段使っていない右手親指の付け根が痛くなりました。。。力が入っていたのですね。
明日は雪が降るらしいです・・続きを塗る予定なのですが〜 雪



−−−こちらも毎日クリックを宜しくです 『 ブログランキング 』−−−

オスモカラー 」のお問い合わせ、ご質問、お気軽に・・お待ちしております

 ********  菊川塗装店 の 塗装職人の女房 でした  ********


posted by 塗装職人の女房 at 20:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。