2005年04月18日

『コーキング』の汚れ

kokinguato.jpg

家 『コーキング』の汚れについて書きます。

この写真は、外壁の「ひび割れ」に『コーキング』で『シーリング』を施した後です。
御施主様に水洗い後の塗り替え作業の前に写真を撮らせてもらいました。
前回の塗り替え後10年位経過しています。

『コーキング』とは、「ひび割れ」や「隙間」に水が浸入しないように埋めるのですが、この作業を『シーリング』と言います。
何が何だか、私には訳が解りませんでした。。。

要は、
『コーキング』―→充填材のことです。

『シーリング』―→充填材を充填作業することです。


『コーキング』の種類は、「アクリル」「ウレタン」「シリコン」があります。

ひらめき その中には、塗料が塗れない(塗料をハジク)種類もあります。

御自分で『コーキング』作業をなさる時は、塗料が塗れない種類の充填材は使用しないで下さい。


『コーキング』には、弾力性を失わないように『可塑剤(かそざい)』と言う成分が含まれています。

しかし、この『可塑剤』が「汚れを呼び寄せてしまうのです!」。

写真のように大きく『コーキング』を着けてしまうと、『シーリング』の後が「そのまま黒ずんだように浮き出て」しまいます。

外壁の色を何色に塗装をしても、黒ずんだように浮き出てしまいます。


この汚れを防ぐ為には、

1.必要以上の『コーキング』を着けないようにする。

2.『可塑剤』の含まれ無い『コーキング』を使用する。
   (ノンブリードタイプと言います)

3.黒ずんだように浮き出ない為の「専用塗料」を塗る。


塗装業者さんによって、施工方法が違います!

『御見積り』の段階で「ひび割れ」や「隙間」の施工方法を確認する事を、お奨めします。


綺麗な色に塗り替えの施工後、数年経って黒ずんだように浮き出たら、可哀想なお家になってしまいます。


ひらめき コメントを頂きまして、書きます。

『可塑剤』の含まれ無い『コーキング』を『ノンブリードタイプ』と言います!

コメントをどうもありがとうございました、感謝でございます。


posted by 塗装職人の女房 at 22:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「シーリング」は仕事柄自分で時々やって
ますが、意外と難しいのはコーキングの選択で
すよね。
出来れば塗装が乗るのはどれか今でも
よく判っていません。でも、屋根なんかの
「コーキング」なので目立たなければ・・!
という感覚でやってます。
乗るやつと乗らないやつ教えてください。
Posted by パンダ at 2005年04月19日 20:10
こんばんは 沖縄で塗装屋を営むものです

ブログを拝見して 大変羨ましい〜 と思いました
夫婦で自営業を切り盛りすることは とても理想に思います。
しかも 奥様が塗装職に関して 意欲的に取り組むことは 凄いですね。

塗装のお仕事とブログ共に 頑張って下さい(^o^)丿 


Posted by ボッセルたか at 2005年04月19日 21:54
パンダさん、御質問の答えですが、夫に確認しました。
種類では判断が出来ません。
その製品の注意書きを読んで下さいとしか言えません。
又は、販売店さんに聞いて下さい。
注意書きには「塗料が塗れません」か「塗料が塗れます」と、書いてあるそうです。
塗料が塗れないコーキングを選んでしまうと、塗装の時に、そのコーキングを削ってから塗料の塗れるコーキングをシーリングしてから塗料を塗ります。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年04月20日 01:06
ボッセルたか様初めまして、コメントをどうもありがとうございます。
塗装の話しを夫から聞いたり、夫の友達の奥様のお話しを聞いたりして、私も真剣に修行しようと思いました。

ボッセルたかさんは沖縄ですか・・・一度行きたいと思っています、綺麗な海で遊びたいです♪
宝くじが当たったらDFSで思いっ切り買い物をしたいです。。。
子供が出来てから月に1〜2度位しかお酒は呑まない我が家ですが、昨年呑んだ「黒真珠」は美味しかったです!!

後程ゆっくりボッセルたかさんのブログに伺います。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年04月20日 01:47
はじめまして。自分は防水職人(勤め人)になって14年になります。近年仕事が減少したせいで数年前から塗装の仕事もはじめてます。うちの会社では塗装前のシール補修には「サンスターペンギン ウレタン9000(ノンブリードタイプ)」を使ってます。メーカー側は普通のウレタンより塗装後のしみが出にくいそうですよ。ちなみに変性シリコンは塗装がのりますがほとんど数年後には壁が
Posted by ポチ at 2005年09月01日 22:09
はじめまして。自分は防水職人(勤め人)になって14年になります。近年仕事が減少したせいで数年前から塗装の仕事もはじめてます。うちの会社では塗装前のシール補修には「サンスターペンギン ウレタン9000(ノンブリードタイプ)」を使ってます。メーカー側は普通のウレタンより塗装後のしみが出にくいそうですよ。ちなみに変性シリコンは塗装がのりますがほとんど数年後には壁が
Posted by ポチ at 2005年09月01日 22:10
はじめまして。自分は防水職人(勤め人)になって14年になります。近年仕事が減少したせいで数年前から塗装の仕事もはじめてます。うちの会社では塗装前のシール補修には「サンスターペンギン ウレタン9000(ノンブリードタイプ)」を使ってます。メーカー側は普通のウレタンより塗装後のしみが出にくいそうですよ。ちなみに変性シリコンは塗装がのりますがほとんど数年後には壁が
Posted by ポチ at 2005年09月01日 22:10
すいません。パソコンはじめたばかりで文が途中で終わってしまいおまけに変な送信までしてしまいました。ほんとにごめんなさい。余計なのは削除してください。…つづきで壁が黒いシミがでてきます。こんな知識ですが参考にしてもらえたら幸いです。
Posted by ポチ at 2005年09月01日 22:21
ポチさん、初めましてです。
コメントをどうもありがとうございます。
夫に伝えます!

しばらくブログをお休みしていたので、コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません。
是非、またいらして下さい。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年09月11日 19:29
ポチさん、どうもありがとうございます!

ブログに追加をして書きました。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年09月12日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。