2005年05月20日

『トタン屋根』の塗装

totanyane.jpg

家 先日、何かで読みました。。。

「トタン屋根の塗装に高圧洗浄は行うの(必要)でしょうか?!」と。


改めて夫に聞きました。


この写真も『トタン屋根』です、2年前に塗り替えをしました。

『トタン屋根』と聞くと、波波・凹凸の屋根を思い浮かべる私です!

『トタン屋根』とは、一般的に『鉄の屋根』のことだそうです。

写真の屋根の場合、新築の時は『焼付け塗装』を施してあります。

『鉄の屋根』は「ロール紙のような長い一枚の鉄板」に機械で塗装を施してあります。

そして「一枚の鉄板」を写真のように折り曲げたり、波波に加工しているのです。

屋根にする時は「釘」を打たなくてはいけないので、年数が経つと「釘」が錆びて来ます。

錆びた「釘」から「錆びの水」が「鉄板部分」に移り、錆びが広がります。

錆びが広がると、錆びは表面に発生し、錆びによる「腐食」が始まります。

「腐食」が始まると、「鉄板に穴が開いて」しまいます。

穴が開くと、「鉄板」つまり『トタン屋根』を取り替えなければダメなのです。

塗装ではどうにもなりません。

ひらめき 穴が開く前に、錆びが出たら、塗装をして下さい!!

塗装をする際に通常は「高圧洗浄」を行い「ケレン」をしますが、『トタン屋根』の場合は錆びの発生を助長させたり、新たな塗膜の剥離を発生させたりしますので、夫は「高圧洗浄」をせずに「ケレン」だけを行います。

『焼付け塗装』は通常の塗装に比べて、「塗膜が薄い」のです。

難しい言葉ですね・・・。

要は、鉄は錆びますので、水洗いをすると、乾く時に錆びが広がってしまうのです!

写真の屋根の塗装施工時も「高圧洗浄」はせずに「ケレン:掃除」だけでした。


しかし、「苔」や「ひどい汚れ」の場合は「高圧洗浄」を行うことがあります。

その際は、錆びが広がらないように、塗装職人さんに確認をして下さいまし。。。


posted by 塗装職人の女房 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。