2007年09月04日

可哀想な屋根が復活!(塗装工程)

アート インディーJAPANに続きF−1のチケット当選しました。今年はリニューアルした富士スピードウェイでの初開催で、自由席のチケットが取れなくて諦めていました、感謝です♪



家 屋根の塗装についてメールを頂きました。

ご質問メールと、貴店は丁寧な塗装ですねと嬉しい応援メールです。

メールをどうもありがとうございます。

ブログ記事を整理し、HPに連動させます。。。



ひらめき 屋根の塗り替え塗装の工程です。
   (2005年3月17日  2005年3月18日 に書きました)

1.高圧洗浄機で水洗いをし、ホコリやコケなどを取って綺麗にする (ケレン)

2.前回の浮いた塗料があったら、ワイヤーブラシなどを使って、剥がれた塗料を綺麗に落とす (ケレン)

3.下塗りを1回する(場合によっては2回)、鉄部分は錆止めを塗る

4.中塗りをする

5.上塗りをする

6.縁切りをする

この工程がしっかりなされていないと、塗料が剥がれやすくなったり、

塗料の性能が発揮出来ない場合があります。

速く塗れば良い訳でも無く、塗料を乾かす時間も守らなければいけません。

乾かす時間は塗料によって違います。


ひらめき 『 屋根の縁切り(えんきり)』 : 屋根の重なり部分が塗料で

くっ付いてしまった所をカッターナイフ又は皮すきで切り離す作業です。

http://tosou-nyoubou.seesaa.net/article/2480914.html


ひらめき 『 ケレン 』 : とは掃除の事です、ケレンをきちんとせずに塗料を塗りますと、

耐久性の無い仕上がりになります。



塗装前の写真です。

この屋根の種類は 「 カラーベスト 」 とか 「 コロニアル 」 と言い、

「 石綿板 」 のような樹脂とコンクリートを混ぜて出来た屋根です。

屋根塗装前1

屋根塗装前2  

屋根塗装前3

屋根塗装前の鉄部に赤色の錆止め後
 赤い部分は鉄部ですので、上記工程3の錆止めを塗りました






塗装後の写真です。

屋根塗装後1

屋根塗装後2




屋根の端」まできちんと塗りました。

屋根の端の位置  ←→  屋根の端塗装前
 
綺麗な屋根の復活です!!

お家は息(呼吸)をしています!

大切なご自宅を可哀想なお家にしないで下さい。





かわいい 7月18日 に引き続き、柏崎への地震義援金のご協力をお願いを致します。応援しております。( にいがたときいち かいちょう よしだ のりお )
第四銀行 吉田支店(普通)1388931  新潟朱鷺市 会長 吉田徳夫



−−−こちらも毎日クリックを宜しくです 『 ブログランキング 』−−−

 ********  菊川塗装店 の 塗装職人の女房 でした  ********


posted by 塗装職人の女房 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 奇麗に成りましたね!
いつものことながら流石です。

可哀そうだった屋根が元気に成って
深呼吸をしているようです、、、。^^
Posted by すこっと at 2007年09月04日 23:26
塗装の仕事は外壁以外にもいろいろあるんですね。意外と自分の知識が浅いことが判りました。
Posted by lifedesign原 at 2007年09月05日 11:32
すこっとさん、ありがとうございます。

> 可哀そうだった屋根が元気に成って
> 深呼吸をしているようです、、、。^^

とっても素敵な表現です!
本当に深呼吸してくれていることを願います♪
Posted by 塗装職人の女房 at 2007年09月05日 19:53
lifedesign 原さん、ありがとうございます。

外壁は目につき易いのですが、屋根は中々見えません。
ですので、気が付いた時にはとっても可哀想な屋根になってしまっていることが多いです。。。

外壁だけが綺麗で、他の部分が可哀想なお家を見かけた時は、何だか悲しくなります。
Posted by 塗装職人の女房 at 2007年09月05日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。