2007年09月24日

お洒落なコロニアル(カラーベスト)の屋根塗装

アート 本日、2件のお見積りに出掛けた夫です。その間に新たなお見積りのご依頼を頂き、大変嬉しく思いました。1日に3件のお見積りに伺えましたこと、感謝を致します。ホームページとブログをお読み下さり、どうもありがとうございます。


家 コロニアル(カラーベスト)の屋根の種類は沢山あります。

多く見かけるのは、↓この写真ではないでしょうか?!

コロニアル(カラーベスト)屋根


↓ちょっと変わったコロニアル(カラーベスト)の屋根です。

オシャレなコロニアル(カラーベスト)屋根1

オシャレな作りの屋根ですね!

実際はこんなに急勾配の屋根ではありません。

横向きに写真を撮ってしまい、向きを直しました。

オシャレなコロニアル(カラーベスト)屋根2

コロニアル(カラーベスト)屋根の塗装を当店では、刷毛で屋根の端(重なり部分)を塗り、ローラーで広い部分を塗ります。

ですので、1枚目の写真の屋根は、ローラーで塗れる部分が沢山あります。

しかし、2枚目と3枚目の写真のお洒落なコロニアル(カラーベスト)の屋根は、1枚1枚を刷毛とローラーで塗ります。

1枚目の写真の3〜4倍の塗装時間がかかります。

施主様、塗装の施工時間が長くなり、申し訳ございません。


屋根の重なりの部分をきちんと塗装をする為に、刷毛で塗りますが、

ローラーでは重なりの部分の段差の溝が深い為、隅々迄塗料が入りません。

塗料が入らないと言う事は、塗れていない訳です。

仕上がりが綺麗に見えたとしましても、塗り残している部分が出来てしまうと言う事です。

塗り残しが出来てしまう = 塗膜が無い のです。

塗料をきちんとした厚さで、適正乾燥時間を守って、初めて塗膜が形成されます。

塗膜がお家を守りますので、雨漏りや塗料の剥がれの原因になります。

一部の塗料が剥がれてしまいますと、そこからどんどん塗料剥がれてしまいます。

塗料が剥がれると言う事は、塗膜も剥がれてしまいます。

塗膜が無い・・・とっても可哀想なお家になります。。。




かわいい 中越沖地震の義援金のご協力をどうもありがとうございました、皆様に感謝致します。
やさしいキッチンツール昌子の日記 』 中越沖地震の義援金のお届けが書かれています。

7月18日 に引き続き、柏崎 を応援しております。


−−−こちらも毎日クリックを宜しくです 『 ブログランキング 』−−−

 ********  菊川塗装店 の 塗装職人の女房 でした  ********


posted by 塗装職人の女房 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。