2005年09月30日

塗料の種類。。。その1

家 『 塗料 』の種類は色々あります。

主な塗料の種類は、『 水性塗料 』 『 油性塗料 』
『 ターペン可溶型塗料(弱溶剤) 』 『 強溶剤 』 です。

「 塗料の種類 」 と 「 塗料の主成分 」 とは分類が違います。

しかし、種類と主成分を総括して塗料の種類と呼ぶ事が多いです。


『 水性塗料 』とは、水で希釈をして使用します。

『 油性塗料 』とは、希釈用油または塗料用シンナーで希釈をして使用します。

『 ターペン可溶型塗料(弱溶剤) 』とは、塗料用シンナーで希釈をして使用します。

『 強溶剤 』とは、専用シンナーで希釈をして使用します。

どの部分にどの塗料を使用するかは、次回書きます。


なぜ 『 希釈:きしゃく (溶液をその溶媒で薄め、濃度を減少させること) 』
をして使用するのでしょうか?!

気温や塗る対象物などの状況により、塗料の濃度の変化をつけなければなりません。

塗料の濃度の変化をつけないと、『 塗膜 』 が均一に出来ません。

なので、塗料は希釈をして使用しなければなりません。

塗料の濃度の割合の範囲というのは、きちんと決まっています。

使用状況に応じて、塗料の最適な濃度に希釈をして使用します。

ひらめき塗料の濃度の割合の範囲にきちんと希釈をしないと、
塗膜もきちんと出来ないので、可哀想なお家になります。


無希釈で使用する塗料もありますが、ほとんどの塗料は希釈をして使用します。

ちなみに無希釈の塗料とは、下地用の塗料(シーラー)などがあります。


posted by 塗装職人の女房 at 23:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、商工会議所で、お世話になった
ITの竹内先生のブログから
リンクをたどったら・・・・・

ココに着きました。
世間は、狭いと言うよりも、

女房さまの凄さを実感させられました、、、。

びっくり!です。
Posted by 必塗マン at 2005年10月01日 22:51
すこっとさん、私もビックリのありがとうございますです。
竹内講師の受講をしたのですね〜。
以前、竹内講師のことはこのブログにも書きましたが、アナウンスの勉強をされていたので、とっても聞き易い声と話し方ですよね〜。
今回の講習は竹内講師ではないのですが、商工会の講習は勉強になります、安いしー。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年10月03日 12:17
はじめまして。加藤先生のページからお邪魔しました。もちろん塾生です。静岡で建築士をしています。
塗装のことはわからないことも多く、都度業者に聞きながら・・・というわけで、いろいろと教えていただけそうなページで心強いです。
ちょこちょこ覗かせていただきますのでよろしくお願いします。トラックバックはらせていただきます。
Posted by アトリエWALKくりりん at 2005年10月05日 09:07
アトリエWALKくりりんさん初めまして、コメントをどうもありがとうございます。
これから加藤先生の講習会です!
お利口さんになれるように勉強をして来ます。

心強い・・・嬉しいお言葉です、感謝でございます。
永いお付き合いを宜しくお願い致します。
後程ゆっくり伺います。
Posted by 塗装職人の女房 at 2005年10月06日 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

リフォーム住宅写真撮影
Excerpt: ◆リフォーム住宅写真撮影開始   ●う〜ん、さすがプロ! 先日リフォームを終えたばかりの住宅の写真撮影をしました。 今回はプロにお願いしました。室内写真は、魚眼レンズっていうので撮ら..
Weblog: アトリエWALKの繁盛店開業日記
Tracked: 2005-10-05 09:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。